読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業のIT化マニュアル

中小企業が、パソコンを使いこなすための問題点や解決策に関する技術情報を発信しています。

LinkStation スケジュールバックアップの設定方法

壊れないパソコンはない、データは必ず消える。その危険さに気づていない!

 

パソコンは、いつか必ず壊れる。

間違って削除するなど、絶対にミスをしない人はいない。

 

外部ハードディスクを購入するときに、他のパソコンからもアクセスする必要がある場合は、USB接続のハードディスクを買ってはいけません。

 

ネットワーク対応のハードディスクを買いましょう。 

 大切なデータをパソコンに保存していませんか?

パソコンが壊れた時に、そのデータは消えますよ!

 

 じゃあ、どうしたらいいのでしょうか?

 

その解決策は、NAS(Network Attached Strage)です。そして、RAID1以上が必要です。

価格は、2万円~で準備できます。

 

なんの防備もいていない人は、パソコンが故障したときには普通にデータが消えます。

(当たり前のことです)

BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 2TB LS220D0202

BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 2TB LS220D0202

 

 

コストをかければいくらでもかけられます。そこで、プロが推奨する最低限のバックアップをご紹介します。

 

▼データを守る運用ルール

データは、必ず共有のNASに保存する。

(※共有するデータは、自分のパソコンには保存しない。)

ルールは、これだけです。 

これで、ほぼデータは守れます。

 

▼自動バックアップ設定方法

f:id:muramoto1041:20161222150123p:plain

 

バッファローの管理アプリケーションは、下記のページから、ご使用の機種に合ったソフトウェアをダウンロードしてください。

▼バッファロー:ソフトウェアダウンロード

ダウンロードサービス ソフトウェアダウンロード カテゴリ別 ネットワーク対応HDD | BUFFALO バッファロー

 

[BUFFALO NAS Navigator2]をインストールしてください。

 

スケジュールバックアップの設定手順

バッファロー NAS ナビゲーターを起動します。

f:id:muramoto1041:20151111153515p:plain

 私の場合は、2台のリンクステーションで自動バックアップを行っています。

(NAS1) LS-WVLB3D(500GB)RAID1でミラーリング(バックアップ先:保存データ)

(NAS2) LS220D332(1TB)RAID1でミラーリング(バックアップ元:正データ)

 

NAS2のデータをNAS1へ自動バックアップを行います。

バックアップの設定は、NAS2に設定します。 

 

NAS2のアイコンを[右クリック]して[Web設定を開く]を実行します。

f:id:muramoto1041:20161222151647p:plain

下記のような[Web設定]画面が表示されます。

f:id:muramoto1041:20161222151503p:plain

 

[詳細設定]を開きます。

f:id:muramoto1041:20151111154424p:plain

 

バックアップ処理明細 

実行スケジュールは、毎日12:00に実行します。

動作モードは、上書きバックアップ(増分バックアップ)です。

f:id:muramoto1041:20151111154654p:plain

 

バックアップ動作モードについて

バックアップ動作モードでは次のモードを選択できます。

 

▼通常バックアップ

バックアップ元からバックアップ先へ全てのファイルがバックアップされます。

 

▼上書きバックアップ(増分バックアップ)

1度目に通常バックアップと同様に全てのファイルをバックアップします。2回目以降にバックアップ元にAファイル追加、Bファイル削除されていた場合、バックアップ先へAファイルを追加し、Bファイルは削除しません。バックアップ先の容量は削除されないファイル分増加します。


▼上書きバックアップ(差分バックアップ)

1度目に通常バックアップと同様に全てのファイルをバックアップします。2回目以降にバックアップ元にAファイル追加、Bファイル削除されていた場合、バックアップ先へAファイルを追加し、Bファイルは削除されます。バックアップ元とバックアップ先の容量は同じとなります。  

 

業務は常に継続できます。 

このような環境設定で、NAS1とNAS2のどちらが壊れても、業務が停止することはありません。バックアップしているから安全と思っていても、いざNASが壊れると復元作業が必要になります。

 

あまり経験のない復元作業には、時間がかかります。壊れても業務に支障をきたさない環境づくりが必要です。

 

必要な費用は?

RAID5(HDD 4台)のNASの方が安全なのは間違いありませんが、価格は10万円ぐらいします。また、HDDが 4台でも電源が壊れてしまえば、NASは起動しませんし業務に支障がてることは間違いありません。

 

今回の環境設定では、RAID1(HDD 2台)のNASが2台なので、合計で4万円ぐらいです。メリットを下記のようにまとめました。

1.価格が、安価で構築できる。

2.電源が、2重になっている。

3.HDDは、4台あればどうにか安全だと思う。

4.故障しても、業務を継続できる。

5.バックアップ処理は、自動的に行われる。

 

f:id:muramoto1041:20151112102242j:plain
[モデル:河村友歌]
Amazonのご紹介 
まんがでわかった!ネットワーク入門 (すっきりわかったBOOKS)

まんがでわかった!ネットワーク入門 (すっきりわかったBOOKS)