読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業のIT化マニュアル

中小企業が、パソコンを使いこなすための問題点や解決策に関する技術情報を発信しています。

バックアップ用のおすすめハードディスクのと選び方

パソコンのデータが、消えたら大変なことになります。

そのためには、バックアップが必要です。

 

ここでは、会社に複数台のパソコンがある場合の、バックアップについて説明します。

 

▼注意すること

  1. データは、自分のパソコンに保存しては、ダメ!
  2. PCにUSB接続している外付けハードディスクは、ダメ!
  3. 1台のハードディスクだけに保存しては、ダメ!
  4. バックアップ作業は自動でないと、ダメ!

f:id:muramoto1041:20161228165414p:plain

データは、自分のパソコンに保存しては、ダメ!

あたりまえのことですが、絶対に壊れないパソコンは、ありません。 

 

会社でデータを共有して作業をするのであれば、自分のパソコンにデータを保存するのするのではなく、必ず共有のハードディスクにデータを保存しましょう。

 

ハードディスクを購入するときは、次の点に注意してください。

 

USB接続の外付けハードディスクは、ダメ!

もし、あなたがバックアップ用のハードディスクを買いに行って、店員の方からUSB接続の 外付けハードディスクを薦められたら、このページを見てもらってください。

 

USB接続のハードディスクが、ダメなのは次の理由です。

ハードディスクをパソコンに接続して使うため、パソコンがスリープモードになったり、電源が切れているときは、他の人がハードディスクの共有フォルダを使えないからです。

 

会社でデータを共有するためのハードディスクとしては、適していません。

 

会社でデータを共有する場合は、NAS(ネットワーク・アクセス・ストレージ)を使いましょう。

 

NASは、LANケーブルで接続するハードディスクです。ネットワーク内であれば、どのパソコンからも接続することができますので、パソコンのトラブルに影響なく使用することができます。

f:id:muramoto1041:20161229094551p:plain

 

 

NASは、RAID対応でないとダメ!

RAIDとは、複数のドライブにデータを分散して保存し、ドライブに障害が起きてもデータの再生を可能にする仕組みのことです。

 

RAIDの種類は、RAID 1 ~ RAID 50 まで  ありますが 数字が大きいほど、より安全性が高いと理解してください。(RAID 0 は、障害時を再生する機能はありません。)

 

NASの製品一覧に下図のような分類を掲載している場合があります。

RAIDのタイプ別(データの安全性)に分類して掲載しています。

▼バッファロー製品の場合

f:id:muramoto1041:20161228170328p:plain

▼IOデータ製品の場合

f:id:muramoto1041:20161228180453p:plain

 

1ドライブのNASでは、RAIDの機能はありません。

2ドライブ以上のNASには、RAIDの機能はありますが、RAIDは 1 ~ 50 までユーザーがRAIDの種類を選択設定して使用します。

 

例えば、最大容量が2TB(1000GB)の2ドライブ型NASをRAID 0 に設定して使用すると2TBの領域が確保されますが、RAID機能は設定されていません。

 

RAID 1 に設定すると、使用できる領域は 1TBと少なくなります。しかし、ドライブに障害が起きてもデータを再生することができます。

 

購入した時(工場出荷時)の状態は、製品によって異なりますが、多くの製品は工場出荷時には RAID 0 になっていますので、ユーザーが RAIDの設定おこなわないといけませんので、注意が必要です。

 

1台のハードディスクだけに保存しては、ダメ!

 RAID 設定した NAS には、データの再生機能がありますので一発でデータが消失する可能性は低くなりますが、絶対に NAS が故障しないわけではありません。

 

NAS が故障した時は、会社の業務に支障が出ることが考えられます。

 

RAID 設定した NAS が故障した時は、データは保全されますが NAS を修理する期間データを見ることができません。そのような障害を防ぐために、NAS にもう一台の NAS を接続して、同じNASデータを2つ作成しておくことをお薦めします。

 

同じNASを自動的にもう1つ作成すには、どうすればいいか?

NASには、自動的に同じNASを作成するプログラムが準備されています。

スケジュールバックアップ、レプリケーションなどがその機能です。

 

【機能】

  • 毎日、指定した時間に自動的にバックアップを作成
  • 変更があった ファイルのみをバックアップする(差分バックアップ)
  • ファイルを削除した時は、バックアップ用のNASのファイルは削除しない

 

スケジュールバックアップの設定方法

BUFFALO(バッファロー)のスケジュールバックアップの設定方法は、下記のリンクを参照してください。

f:id:muramoto1041:20161229092752p:plain

buffalo.jp

 

IOデータ機器のレプリケーション設定は、下記のマニュアルを参考にしてください。

f:id:muramoto1041:20161229093038p:plain

レプリケーション設定マニュアル

 

さらなる障害対策は専門家に依頼する

さらに、火事や水害などの災害に備えて、バックアップ先を遠隔地に作成する方法や、障害発生時に自動的にバックアップ用のNASに切り替えてシステムを継続運用する設定なども可能です。

 

このような設定になると専門的な知識が必要になりますので、中小企業が自社で独自に行うのは困難かと思います。 

 

おすすめのNAS

  • BUFFALO(バッハァロー)
  • RAID 1の設定で容量は、1TB
  • スケジュールバックアップ対応 

▼なぜかこの製品のカスタマーレビューは、あまり評価はよくないですが、1機種前の下のカスタマレビューは、いい評価です。 

f:id:muramoto1041:20170408203828p:plain

Amazon価格:37,152円→26,127円 

 

▼こちらのカスタマーレビューでは、いい評価です。 あえて評価のよい旧機種を購入する必要はありません、上の LS220D0202C をご購入ください。

f:id:muramoto1041:20170408203124p:plain

Amazon価格:39,096円→27,861円 

 

 

Amazon書籍のご紹介 
まんがでわかった!ネットワーク入門 (すっきりわかったBOOKS)

まんがでわかった!ネットワーク入門 (すっきりわかったBOOKS)